「ほっ」と。キャンペーン
Top  
整形外科に診察へ。
2013年 08月 26日 |
b0075318_18324068.jpg
今日は花蓮の足の再診でした。

結論からすると、リハビリを続けて、痛み等の気にするそぶりが酷くならなければ、このまま様子見です。

足がおかしいなー、と思うのは、主に動き始めです。
花蓮は骨頭切除をしているので、足の骨の長さが少し短くなっていて、その分筋肉が足の長さに対してあまりぎみになり、緩みがちになるそうで、座ったり寝たりしていると、余計にそうなるようです。

そのゆるみが膝も緩めがちになるようで、立ち上がり時、筋肉が締まって、膝が安定するまでに違和感を感じているのではないかとの事でした。

膝だけとれば、筋を微調整して、ズレにくくする方法はあるそうですが、骨頭切除している場合、骨の長さが物理的に短くなっていて、しかも骨同士を繋ぐ部分を切除しているので、股関節部分が不安定なので、膝を今の状態で調整したとしても、別の不具合が起きる可能性が高い、という事でした。

現状、花蓮は歩き出しに問題はありますが、しばらくすると普通に歩いていますし、痛みが出て辛い、という感じでもなさそうなので、処置はせず、リハビリを続けて様子を見る事にしました。

本犬は至って元気ですので、ご心配なく、です(^_^)

[PR]

by karen-happy | 2013-08-26 18:13 | 病気・けが |