Top  
ちっくん。の季節ですね。
2010年 04月 12日 |
b0075318_2117881.jpg

春になると桜の知らせとともに、あちらこちらのブログで「注射にいってきました~」という記事を拝見しますね。
我が家も例に漏れること無く、しかも花蓮は3月に我が家にやってきたこともあり、ワクチンもこの時期に接種しています。
この日は花蓮の8種混合ワクチンと、フィラリアの検査および、その他の血液検査をしていただきました。

ワクチンとフィラリアは特に問題もなく、今年もフィラリアのお薬とフロントラインを頂いてきたのですが、血液検査の結果が芳しくありませんでした・・・。

と、言いますのも、GPTの値が昨年39→今年119と、3倍も数値があがっていたのです。
フード以外に上げているものはありませんか?と聞かれましたが、おやつを上げていますが大した量ではありませんし、ご飯もフードメインで、後はお野菜のトッピングが主です、と伝えると、う~ん、となりまして・・・。
一番考えられるのはやはり食べ物だそうですが、我が家で上げているおやつの量は本当にごくわずか・・・。
ただ、この前日がしつけ教室で、おやつは確かに多くなりますし、よく考えてみたら、この前の週は鳥さんのトサカなどの動物系のおやつをしかも少し大目に上げていました。

先生曰く、今すぐ投薬しなければならない数値ではないですが、今後上がってくるようなら・・・。とのこと。
ただ、一時的という事もありえますし、年齢的な機能低下もありえるので、いますぐ治療ということはないですが、気になるようなら3~4ヶ月後にもう一度血液検査を、と。

そりゃ勿論気になります。なので、とりあえず3カ月様子を見て、その時再度血液検査をお願いすることに。
そして、その時の数値によっては、エコーやレントゲン検査も行って、診ていただく、という事で、今回はこの結果に関しては経過観察となりました。

先生曰く、「おやつ、と呼ばれるものに良い物はありません」と。
花蓮に上げるものは極力添加物の無いナチュラルなものを意識してはいましたが、今後はフードおよび手作りのおやつなどで対応したほうがいいんだろうな、と思っています。

病気が発覚したわけではないので、対処の仕方に悩むところなのですが、とりあえずは食事療法で、肝臓への負担を軽減できるよう考えていきたいと思い、今は調べている所です。

今まで大きな病気をすることもなく、元気に過ごしてきただけに、私はかなりショックを受けましたが、先生に「肝臓は発見が遅れる事が多いので、今こうして気がつけたのは良かったですよ」と言われました。
まぁ、それはそうなんでしょうけれど、でも・・・と。
花蓮も7歳を過ぎ、高齢の域に入ったから、気をつけなければ、とは思っていたものの、こんなに早く不調が見つかるとは、という思いも・・・。
とりあえず、花蓮の様子に気をつけて、食べるものにも気を配れるようにしたいと思います。

願わくば、一時的なものであって、次の検査では正常値になっていることを・・・。
b0075318_2135644.jpg

「花蓮は大丈夫~♪元気だよ~♪」
いつもと変わらない様子の花蓮を見ることが出来ているのが救いでしょうか。
花蓮がよくなりますように・・・・。

↓ ブログランキング参加しています。ぽちっ♪っとお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
[PR]

by karen-happy | 2010-04-12 21:15 | 病気・けが |